プロスペクト理論

プロスペクト理論は、行動経済学の分野で提唱された理論で、伝統的な経済学の期待効用理論に対する代替モデルです。この理論は、ダニエル・カーネマンとエイモス・トベルスキーによって1979年に発表されました。プロスペクト理論は、人々がリスクや不確実性に対する意思決定をどのように行うかを説明します。以下では、プロスペクト理論の主要な概念とその応用をわかりやすく説明し、具体的な事例を用いて理解を深めます。

プロスペクト理論の主要概念

  1. 参照点依存性: 人々は、絶対的な価値ではなく、ある基準点(参照点)からの変化を評価します。例えば、1000円を得ることは、既に1000円を持っている場合よりも、手持ちが0円の場合の方が価値が大きく感じられます。
  2. 損失回避: 人々は利益よりも損失を強く感じる傾向があります。具体的には、同じ金額の利益と損失では、損失の方が心理的なインパクトが大きいと感じます。例えば、1000円を得る喜びよりも、1000円を失う痛みの方が大きく感じられることが多いです。
  3. 確率の非線形評価: 人々は確率を直線的に評価せず、特に低確率のイベントを過大評価し、高確率のイベントを過小評価する傾向があります。例えば、宝くじに当たる確率は非常に低いにもかかわらず、多くの人が宝くじを購入します。

具体的な事例

事例1: 宝くじと保険

宝くじの購入は、プロスペクト理論の確率の非線形評価を示しています。人々は低確率の大当たりを過大評価し、宝くじを買うことで期待値がマイナスでも夢を見ることに価値を感じます。一方、保険の契約も同様に説明できます。人々は低確率のリスク(例えば火災や事故)を過大評価し、そのリスクに対して保険をかけます。保険料は確率に見合った額より高く設定されていることが多いですが、損失回避の心理が働いているため、安心を買うために支払うことが多いです。

事例2: 賃金交渉

ある会社で、新しい従業員Aと従業員Bが賃金交渉を行っています。従業員Aは初めから高い賃金を提示し、その後交渉を通じて少し減額する戦略を取ります。従業員Bは低い賃金からスタートし、交渉で増額を試みます。この場合、従業員Aの戦略は参照点依存性と損失回避に基づいています。最初に高い金額を提示されると、その金額が参照点となり、少し減額されても損失感が少ないです。一方で、低い金額から始まると、それが参照点となり、増額されたとしても最初の期待からの利益と感じにくくなります。

事例3: 賭けの選択

次に、簡単な賭けの例を考えてみましょう。次の2つの選択肢があります。

  • 選択肢A: 確実に3000円を得る。
  • 選択肢B: 80%の確率で4000円を得るが、20%の確率で何も得られない。

伝統的な期待効用理論では、選択肢Bの期待値は3200円(0.8×4000 + 0.2×0)であり、選択肢Aよりも高いのでBが選ばれるべきです。しかし、プロスペクト理論によれば、多くの人は選択肢Aを選びます。これは確実性効果と呼ばれ、確実に得られる利益を好むためです。

結論

プロスペクト理論は、伝統的な経済理論とは異なり、人間の心理的なバイアスや感情を考慮に入れています。これにより、現実の意思決定をより正確にモデル化することができます。具体的な事例を通じて、この理論の実用性と影響力が理解できたと思います。プロスペクト理論は、マーケティング、保険、金融商品開発など、様々な分野で応用されています。

著者情報

ChatGTP 4o
※本記事は、ChatGTPで生成しております。