戦略PRのご提案

顧客別にご提案していました戦略PRですが、初めてお話しする方に「概要がわからない」と言われることが多かったので、ちょっと1枚にまとめてみました。   通常、WebでのPRというと、サイトを作って、SEOでオーガニックを上げる。 そして、Web広告を打ってリーチ数を稼ぎ、問い合わせや購買の確立を上げる。   それ以外だと、インフルエンサーマーケティングや、コンテンツマーケティング。それを発展させて動画マーケティングなど、施策をいろいろ打っていくことでしょう。   弊社の施策は、それら単発の施策にストーリーを追加し、点での施策ではなく面での施策を実施、さらに他メディアとの連携を加え、立体的な戦略を実施してゆきます。 作成したチラシにはありませんが、案件によってはアプリでの囲い込み施策や、リアルなイベントや施策も絡め、包括的に施策を運用。 場合によっては、マスメディアも巻き込んで展開してゆきます。 もし、Web広告を新に打とうと企画されている方、一度ご相談ください。

MSのブラウザでもこんな表示に…。SSL化のすすめ。【メディア構築サービス】

2014年からGoogleが推奨しているSSL化      Googleが2014年から検索結果でhttps:のサイトを優遇するロジックを実装し始めてから3年以上が立ちますが、国内のWebサイトはいまだに対応していないサイトが多くみられます。 という弊社も昨年やっと対応しました。 何故かというと、昨年から国内大手のサイトのSSL化対応が軒並み完了して行き、いよいよGoogle側から何か動きがあるのかと思い対応しました。 商談や交流会なので名刺交換させていただく方のサイトのURLを拝見して、対応がまだの場合はご担当されている制作会社様に対応について相談いただくように話してまいりました。その際にもお伝えしていましたが、とうとうマイクロソフトの主力ブラウザMicrosoft Edgeでも上記のようなメッセージが出るようになってしまいました。GoogleのChromeやFirefoxのメッセージは結構厳しいものでしたが、マイクロソフトは意外に柔らかい表現でした。が、今朝何の気なしに見てみたら、こんなメッセージに変わっていました。 ビジネスで使用しているWebでしたら、やはり早く対応した方が良いかと思います。 SEOの観点で、検索順位決定に何らかの優遇がある無し関係なく、これはビジネスを行う上での信用問題です。 参考Web:https://www.blog.google/topics/safety-security/say-yes-https-chrome-secures-web-one-site-time/

ロード・ランナー株式会社って、どんな会社?

2010年2月、代表の山下と右腕の菊地の2名でスタートしたロード・ランナー株式会社。現在は、エンジア1名とコーダー兼デザイナーの1名の計4名で運営しております。 IT業界一筋、約30年の代表山下が中心となり業務系の開発を中心にスタートしましたが、現状はWeb系のシステムにシフト、LPOツールやMAツールの導入支援も含め、Webマーケティング関連の企画・設計・構築・運用と、Webブランディングを軸に、コーポレートサイトの構築やオウンドメディア・ニュースメディアの企画・設計・構築・運用を提供いたします。